国内FX

最近、テレビのCMなどでも「FX」という言葉を目にする機会が増えました。このFXとは「外国為替証拠金取引」という金融取引の英語「Foreign eXchange」を略したもので、他に「Forex(フォレックス)」や「外為」などと呼ばれたりすることもあります。
FXは外国の為替にて、証拠金を元に信用取引であるレバレッジを用いて行う金融取引になり、手元にある資金以上の金額を取り引きして、大きな利益を生み出す事が最大の魅力であり特徴であると言えます。
海外FXを扱う業者やバイナリーオプションも人気を高めていますが、ここでは国内FXに焦点を当てていきましょう。

FXでの投資取り引きを行い、利益を生み出していくためには、さまざまな知識を学ぶ必要があります。
手近なところとしては、まずは金融取引で頻繁に使われる用語の意味と、その内容を覚える事が大切でしょう。
信用取引であるレバレッジや、損失が出そうな時に取り引きを終了するロスカットなど、知らなくては自分の不利になるものばかりですので、じっくりと知識を高めていくことをお勧めします。

FXの一番の魅力は、やはりレバレッジを用いて、手元の投資資金の何倍もの金額で取り引きを行えることでしょう。海外のFX業者は、日本の規制を受けないため、業者によっては何百倍もの取り引きを可能にしている所もあります。
FXのランキングサイトなどで、海外業者の紹介もしていますので、参考にしてみるのも良いかもしれません。

日本の証券会社は、国内規制によって最大25倍までのレバレッジとなっており、元資金の25倍までの取り引きが可能になっています。
それでは、少し具体例を出して見ていきましょう。

業者に証拠金として10万円を預けている例を考えます。レバレッジが25倍だとしたら、投資取り引きに使える金額は250万円までになります。
1ドルが100円の時に250万円分のドルを購入し、1ドルが101円の時に売却したとします。そうすると利益は25000円出ることになります。この取り引きを、レバレッジを用いずにすると、利益は1000円になります。
同じ10万円を投資するとしても、レバレッジを用いるのと持ちいらないのでは、その利益の大きさが全く違ってくるのです。
また、この例をそのまま使い、1ドルが99円になると、25000円の損失が出ることになります。しかし、そこまで損失が大きくなる前に、あらかじめ99円50銭になった時に自動的に売却をするようにするロスカットを設定しておけば、こういった場合でも損失を小さく抑えることができます。

その他にもFXにはスワップポイントと言うものがあります。これは2つの通貨の金利差により生じ、受け取ることができる利息の事をさします。
ご存じのとおり、日本は超低金利が続いていますが、海外に目を向けると高い金利もあり、例えば資源輸出国のアフリカやオーストラリアなどは、日本とはくべものにならないほどの高金利があるのです。

南アフリカの金利が5%とし、日本の金利を0.1%とした場合、日本円で10万円を1年間預けても100円しか利息が付きませんが、南アフリカの通貨ランドで100万円分を預けると、1年間で5000円の利息が付きます。
この利息の差である4900円がスワップポイントになり、受け取ることができるのです。
預けている一年間、365日で日割りをすると1日で約13.4円の利息が発生していることになります。
これをFXで投資し、25倍のレバレッジを用いて250万円分のランドを購入すれば、1日に336円の利息を受け取ることができるのです。
実際には、為替の変動がありますので、その動きによってはスワップポイントは相殺されてしまうこともありまが、逆に、為替の差益を得て、より大きな利益を生み出す可能性もあります。
このように、タイミングを掴んで投資を行えば、中期、長期的なFXの運用で安定した利益を生み出していくことも充分にできるのです。
 

取引タイプ各種

・60秒取引
・アップ or ダウン
・イン or アウト

より詳しくはこちらをどうぞ

バイナリー手数料

バイナリーオプション取引には基本的には手数料らしきものは何もありません。FXでは事実上スプレッドが手数料となりますが、バイナリーの場合はスプレッドもレバレッジもありません。あるのは上に行くか下に行くかのどちらかを選ぶだけ!これだから面白いんですね!

手数料の詳細